社内SE転職のお悩み

社内SEはITエンジニアのスキルアップが難しい?

社内SEはITエンジニアのスキルアップが難しい?



「社内SEになるとITエンジニアとしてのスキルアップは難しいの?」

そんな疑問にお答えします。

結論から言うと、社内SEの業務でITエンジニアとしてのスキルアップを目指すのは難しい環境にあります。

社内SEは、自社のシステムの設計・開発・運用保守と、社内ユーザのITに関する問い合わせに対応することを主な業務としています。

自社システムは、社内の環境であることに加え、従来から使ってきた言語やツールを使いながら稼働させている事が多いのです。

そのため、ITエンジニアとしてのスキルアップは難しいのです。

ただ、社内SEとしての独特のスキルは得られることと、その経験を社外で活かせる道もあります。

そのあたりついて詳しく解説してゆきたいと思います。

社内SEがITエンジニアスキルをアップしずらい理由

日々世の中では次々と新しいIT技術が生まれています。

IT企業におけるSEの場合、ユーザー企業から依頼されるシステム開発案件を次々に対応してゆく事で、最新技術に触れる機会が多く知識的・技術的ノウハウを得やすい環境に身を置いています。

一方、社内SEの場合、社内のIT分野というある意味閉鎖された環境で働き、実業務で最新のIT技術に触れる機会に恵まれないのが実態です。

具体的にどういったことでITエンジニアのスキルアップが難しいのか見てゆきましょう。

運用保守業務で既存技術使う

社内SEの業務は自社システムの運用保守が多くを占めています。

自社システムは一旦構築された後は長い期間使用されてゆくのが普通です。

そうなると改修作業が発生した場合には、当然 自社システムの一定の規約の中で修正をおこなう事になります。

このため従来技術を長く使い続けることが多く、最新のIT技術を必要としない傾向にあります。

社内調整など技術面以外の作業が多い

自社システムを構築、又は更新する場合、社内SEは技術面以外のところが主な業務となります。

システム構築の発注側の立場として、社内の業務部門の調整作業・システム要件まとめ・ベンダー管理・予算管理など、事務的な作業が多くなります。

もちろんシステム要件を満たすために様々な技術の概要は把握します。

しかし、そこに深く入り込むわけではないので、あくまで広く浅く知っておくことが必要になってきます。

新技術へのチャレンジが難しい

もし、新技術へのチャレンジを思い立った場合に、それを実行に移すためのハードルが高めです。

社内SEは一般企業に勤めるわけですが、新技術を取り入れる・・・つまり会社にそのための投資を行ってもらうことになります。

新技術への投資のためには、それを導入して自社ビジネスが儲かるのか? いつどういう効果が出るのか? リスク的な面は? といった事を証明した上で予算化しないことには動けません。

情報システム部門・経理部門・経営層に理解してもらうためには相当なパワーが必要になり挫折しがちです。

そもそもIT企業のSEと社内SEでは戦う土俵が違う

冒頭でも書きましたが、IT企業のSEはたくさんのユーザー企業の開発案件を次々に対応する中で、自ずと最新技術に触れてゆきます。

ユーザー企業の求める要件に対して、その時のトレンドに合った最新のIT技術で要求に応えるシステムを納品する事で成果・収益を上げてゆくことがIT企業の場合は目標になっているからです。

社内SEはシステムを作ることが最終目的ではなく、あくまで自社のビジネスの伸長が最終目的。

そもそもスキルを得るという点では、IT企業のSEと社内SEとでは戦う土俵が大きく違うんですね。

社内SEとしてスキルを向上させるには?

社内SEがスキルアップしずらい要因を挙げてきましたが、ではどんな面でスキルアップしてゆけばよいのでしょうか?

ITの職種としては独特な面を持つ社内SEなりのスキルを身に付け方をいくつか書いてみたいと思います。

業務知識が豊富なナンバーワン社内SEになる

積極的に業務部門と接し、多くの業務知識を蓄えることで汎用性の高い社内SEになるパターンです。

バランスよくシステムを作るということは、広い業務知識を持つことが非常に有利です。

よく狭い範囲のことしか見えていない社内SEもいるのですが、それだと横の連携がうまくゆかずトラブルを起こすなどの弊害があります。

必要な部分だけを知る・・・といった限定的な考えをせず雑食系のように業務知識を貯えることで、ナンバーワン社内SEになるのがよいと思います。

自前で最新技術にを習得し展開する

この頃はネット経由で最新のITスキルを自由に学べる環境が充実してきました。

取り残されたくない気持ちが強い人なら、自前であっても最新情報を取り入れ自身のスキルアップを図ってもるべきです。

幸いにして社内SEはプライベート時間が取りやすい職種ですから、その時間を使って学び、できるだけ自分の業務に少しづつ反映させてゆけば、社内SEの中でも優位な状況を得やすいでしょう。


経験を活かし社内コンサルを目指す

社内SEは業務部門ユーザーと調整・折衝などコミュニケーションをしながら仕事を成立させてゆきます。

時には社内での利害関係も絡むようなドロくさい交渉も乗り越える人もいるでしょう。。

いわゆる「社内コンサル」的な立ち位置です。

面倒くさがらず社内の色々な場面に首を突っ込むのが好きな(できる)人は向いていそうです。

実際、僕の先輩で社内コンサル的な業務を得意とする人がいて、今後は社外向けのコンサル業を準備している人がいます。

自社の常識は他社の非常識という言葉も聞きますので、これを目指すには本当に広い知見や経験とコミュニケーション力が必要になってきます。

上記の先輩の場合、まだ結果は出ていない段階ですが、その人の雑食系の知識の蓄積とコミュニケーション力なら相当やっていけそうな気配です。

このように、社内コンサルの経験を活かすことも不可能ではありません。

まとめ

まとめ


ここまで紹介してきたとおり、携わっている業務内容の性質から社内SEはITエンジニアとしてのスキルアップは難しい状況となっています。

スキルアップしずらい理由として下記のポイントのように、社内SEという職種の特徴によるものが大きいと思います。

ポイント

・運用保守業務で既存技術使う
・社内調整など技術面以外の作業が多い
・新技術へのチャレンジが難しい



また、社内SEとしてのスキルを向上させるためのポイントは下記で、一般的なSEと比べ時間的に少し余裕のある社内SEであれば、その中でのレベルアップを図ってゆくのが良いのではないかと思います。

ポイント

・業務知識が豊富なナンバーワン社内SEになる
・自前で最新技術を習得し展開する
・経験を活かし社内コンサルを目指す


システムの構築と納品をもって成果とするIT企業のSEと違って、社内SEは業務部門が行う自社ビジネスの成果のためにサポートをするのが役割となっています。

普段はいかにコストを掛けずに確実なサポートができることが重要になってきます。

でも、いざ新システム導入や更新の話になった場合に、少しでも効率よく自社システムを作り上げられるよう、世の中の動向や最新技術はウォッチしておくことが、先々になって自社への大きな貢献につながってゆくはずです。

社内SEだからといってノンビリし過ぎも危険かなと思っています。

以上

あわせて読みたい
社内SEに求められるスキル
【年代別】社内SEに求められるスキルとは?

「社内SEへの転職を考えているけど、どんなスキルが必要なの?」 そんな疑問にお答えします。 社内SEに求められるスキルは年代によってそれぞれ変わってきます。 一般企業内の情報システム部門に入る社内SE ...

続きを見る

-社内SE転職のお悩み

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.