社内SE転職のお悩み

【企業選びのポイント】社内SEでワークライフバランスを充実させるには?

社内SE会社選び

「仕事と家庭の両立がしやすい社内SEになりたい。そのためには転職先はどう選べばいいのかな?」


そんな疑問にお答えします。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は社内SE歴25年。これまで関わってきた社内SEは50人を超える。様々なタイプの社内SEを見てきた経験から情報を発信しています。


あなたが社内SEへの転職を目指そうと思ったなら、ぜひ考えてみてほしいのが「ライフ」(家庭や家族・自分)の重視です。



ワークライフバランスという言葉、頭に「ワーク」と付いたものがすっかり浸透していますよね?


でも、僕的には「ライフ」あってこその「ワーク」という思考なので、「ライフワークバランス」の方が推せるワードじゃないかと日頃から思っているところですが。。


仕事中心だった20代が過ぎて30代に入れば、結婚する・子供が生まれるなど、プライベートの面にも目を向けながら生きてゆくことは、トータルで人生をみたときの満足度が雲泥の差になると思います。


せっかく社内SEを目指すんです。


できるだけワークライフバランスが充実した企業を選べるよう、その点を重視しましょう。


社内SE転職でワークライフバランスを充実させる企業選びのポイント

社内SEになったからといって、一律にワークライフバランスが取りやすいということはありません。

なぜなら、社内SEはIT分野を担当する一般企業の社員であり、その企業ごとのルールや社風で状況は様々です。

また、在籍する情報システム部門の規模によっても働き方は変わります。

ワークライフバランスの中で「ライフ」の方に比重をおきたい人は、下記の様な働きやすいポイントを重視して社内SEを目指すべきです。

ポイント

・しっかりした自社製品・サービスを持つ企業を選ぶ
・残業や休日出勤ががゼロ、又は少ないこと
・育児休暇・時短勤務・テレワーク等の多様な働き方が選べること
・給与面(給与水準や昇給など)が良好であること
・社風(雰囲気・女性への待遇)がよいかどうか

以前の記事で僕は中小企業より大きい規模の企業をおススメすると書いていました。

大企業であれば、上記ポイントのような働きやすさを先進的に充実させているところが多くなっていますが、そういった働きやすさの改善は徐々に中小企業にも広がってゆく過渡期だと思います。

企業の規模も気にはなりますが、働きやすいポイントに注意して転職先を選びたいところです。

では、それぞれのポイントについて1点ごとに解説します。

しっかりした自社製品・サービスを持つ企業を選ぶ

その企業がしっかりした自社製品・サービスを持っていて、その製品・サービスで商売している企業がおススメです。

自社製品・サービスを持っていない場合、パートナー企業協力会社として成り立っている場合も考えられますので、社内SEとして落ち着いて自社の情報システム部門で業務にあたることができる環境なのか確認しましょう。

IT企業と違い一般企業の従業員ですから、客先に派遣される可能性は低いと思います。

しかし、念には念を入れて関連会社に出向するなど可能性の有り・無しも確認したいところです。

残業や休日出勤ががゼロ、又は少ないこと

残業や休日出勤についても求人票にある程度書かれていると思いますが、最も良いのはやはり残業はほぼセロに近いものが望ましいでしょう。

求人票でさらに具体的な書き方(例えば「残業はほぼ無いかメンテナンスで月に1回は土曜日出勤がある」など)が書かれていると安心できます。

実際に入社し、もし業務量のが大幅増加してしまった際、必要時に勤務時間の相談などができるか確認しておきましょう。

育児休暇・時短勤務・テレワーク等の多様な働き方が選べること

育児休暇・時短勤務などしっかりとした制度設定があることは、今時としては必須の条件と思います。

その他にも傷病や休職、退職金など社員に向けての制度は多いほど良いと思います。

当然ながら今のこの時世ですからテレワークが可能な企業が望ましいのは言うまでもありませんよね。

女性・男性どちらに対しても、積極的に安心して働ける環境づくり推進する企業を見つけたいところです。

給与面(給与水準や昇給など)が良好であること

給与面では、まず給与水準が比較的高い業界を選びたいところです。

そもそも給与水準が低い業界を選んでしまうと、頑張っても給与が上がらないなど不満が出てしまう可能性があるからです。

業種ごとに平均給与がわかるサイトがありますので、それを参考にして業種から選ぶのもいいでしょう。

また、求人票に昇給のことが書かれていることは多いですが、体験談の口コミサイトも参考にするといいでしょう。

社風(女性への待遇・雰囲気など)がよいかどうか

求人票にしっかりとした女性への待遇が書かれていればまずは安心感が持てますが、制度に対しての実際の雰囲気的なところが気になるところです。

また、企業の社風・雰囲気など求人票に書かれてはいても、実際どうなのか不安ですよね。

そんなことを知りたいなら、ネット上にある口コミサイトを見るべし。です。

転職会議などで調べることで、雰囲気や女性社員の声や対応などを見ると参考になります。

もちろん匿名での個人の感覚での書き込みですから100%信じるわけにはいきませんが、あくまで参考として見るようにしましょう。

まとめ

まとめ

昔は僕の職場でもモーレツ社員的な人が多々いました。

しかし時流のためか、今はモーレツさはかなり影を潜めてくれたのでとても楽。。

本記事では働きやすい企業を選ぶポイントを解説してきました。

ポイント

・しっかりした自社製品・サービスを持つ企業を選ぶ
・残業や休日出勤ががゼロ、又は少ないこと
・育児休暇・時短勤務・テレワーク等の多様な働き方が選べること
・給与面(給与水準や昇給など)が良好であること
・社風(雰囲気・女性への待遇)がよいかどうか

仕事が楽と言われる社内SEだから、手を抜いてテキトーに仕事をこなすと言っているワケではないです。

当然やるべき仕事はやってプライベートの比重を多めにする考え方で書いています。

もちろん、人それぞれで「ワーク」を厚めにしたり、「ワークもライフも50%づつ」と考える人もいるでしょう。

冒頭で「ライフ」重視と書いたものの、もしかすると自分の好みのバランスに合わせた働き方が、最も満足度が高いのかもしれません。

あなたの指向に合った企業をを見つけて、社内SEとして楽しく生活・楽しく働けることを祈っております。

以上

-社内SE転職のお悩み

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.