社内SEのメリット

社内SEは会社の全体を見渡した仕事ができる

見渡す

社内SEは自社のビジネスを進めていく上での基礎・基盤を支える仕組みを作る、いわば後方支援部隊のような存在です。

何らかの経営テーマが上がれば、それについて経営サイドに詳細を説明したり、業務部門間に立ってそれぞれの意見を聞いたり、予算やPGの確保・インフラの整備など、情報システムが関わる部分について、会社内を横断しての仕事となります。

全体を見渡した仕事とはどんな感じ?

例えば、経営サイドから「今後、こんな考えでこういったビジネスを進めてゆく」といった大方針が出された場合、それをカバーするシステムや仕組みが必要になってきます。

情報システム部門は、その大方針をいち早く理解し、その実現に必要な対応方法や範囲などをまとめ、経営サイドの了承を得るところからスタートします。

そして、新しいプロジェクトが立ち上がり活動が始まったものの、業務部門は自部門に関するシステム部分はわかるが、他部門にまたがった部分についてはわからない・・・ということはよくあります。

そんな時、自社システムの内容を熟知し業務的なつながりを理解している社内SEは、業務部門の間に入ってプロジェクトを成立させる方策や妥協点を提案するなど、部門横断的に活動してゆきます。

対応の概要が決まったら、より具体的にシステム修正の見積りを行ったり、どんなインフラ・機器が必要なのか選定したり、当初かかるコスト、その後の運営に掛かるコストはいくらでどこの部門に負担いただくか・・・など、情報システムにかかわる全般についての調整役となります。

このように、概要を決める段階や細かい部分もさばいてゆくのが社内SEの腕の見せどころです。

社内を横断する活動では良好なコミュニケーションが必要

社内SEは調整役も兼ねるところがあり、日頃からの業務部門との良好なコミュニケーションは大切といえます。

僕の体験から考えると、業務部門の方々で何か要望があれば、出来るだけ協力を惜しまずに要望にお応えする、その代わり自分が業務知識が乏しいことがあれば積極的に質問をさせてもらうなど、日常のやりとりを重ねて良好なコミュニケーションを構築してゆくことが大切と考えています。

もちろん業務部門の方々に対するときは、キチンと節度を持って接するとか、わかりやすいメール文章を心掛けるとか、ビジネスマナーの基本は押さえておく必要はあるでしょう。

そうすることで、プロジェクトの際に協力を得やすくなったり仕事を進めやすくなるなど、後々自分に返ってくるものが大きいと思います。

まとめ

まとめ

もし、自分が普通の業務部門に身を置いていたとしたら、社内SEほど広い範囲や視点で仕事をすることは無さそうだし、ある意味単調な日常になってしまいそうな気がします。

一方で社内SEは、前述で例として挙げたプロジェクトだったり普段の改善案件にしても、部門を横断したところで仕事を進められる点で、色々な人と関りを持てたり、新しい事に取組めたりするところが、仕事のやりがい・おもしろさにつながっていると感じています。

また、社内SEとして自分で関わったプロジェクトによって、自社のビジネスを成長させて喜ばしく思えるところは、一般的なSEと大きく異なる利点とも思っています。

以上

まとめ記事!
社内SEをおすすめする理由
僕が社内SEをオススメする理由10選

社内SEという職種が気になっている皆さんは、この職種にどんなイメージを持っているでしょうか? 大きくは「一般企業の中で自社ビジネスのために自社システムの開発や運用をする仕事」という印象かと思います。 ...

続きを見る

-社内SEのメリット

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.