社内SEのメリット

社内SEは残業が少ないの?

夜のビル

社内SEは、自社のシステム系やインフラ系の運用保守を行うことをミッションとした、情報システム部門で働く社内向けのエンジニアです。

大企業ではそれぞれの業務が役割分担されていたり、中小企業などでは少人数でシステム系・インフラ系両方とも対応する場合もあったり、企業によって形態はさまざまですが、総じて仕事の範囲は広いと言えます。

ただ、守備範囲が広い職種ではあるものの基本的には社内の案件を取り扱うことから、厳しく納期に追われることが少なく、一般的なSEと比べ残業時間が少ない傾向となっています。


社内SEの業務内容はどんなもの?

社内SEのシステム系の仕事としては、自社システムの企画・設計・開発に取り組んだり、既存システムで機能追加・仕様変更だったり何らかのトラブルが起こったときの対策、システムについての問い合わせに対応します。

社内SEのインフラ系の仕事としては、パソコン・プリンタ・サーバー・ネットワーク機器類の管理、インフラ系に関するユーザー問い合わせに対応します。

では、システム系・インフラ系のそれぞれの業務内容はどんな雰囲気なのか見てゆきましょう。

社内SEのシステム系の仕事

まず、自社においてシステムを立ち上げるときには、それについての企画や概要設計を行います。

業務部門との同意を得ながらどんなシステムにするかを決定し、多くの場合は実際にコーディングをする外部ベンダーにシステム構築の発注をかけ構築を進めてゆきます。

また、既存システムの運用・保守についても、機能追加や改善・トラブルが発生した場合などは業務部門と確認しながら状況を把握し、多くの場合は保守ベンダーに依頼し対応・対策をとってゆきます。

上記については社内SEがベンダーコントロールしながら作業を推進させてゆく管理業務が主となります。

また、社内ユーザーからのシステムについての問い合わせに対応したり、修正するものがあれば案件としてピックアップし、優先順序をつけながら対応を進めてゆきます。

社内SEのインフラ系の仕事

社内SEのインフラ系の仕事としては、自社のネットワーク敷設・サーバー・パソコン・プリンター・その他ITに関する機器を管理・運用します。

また、「パソコンが壊れた」「プリンタが出力しない」「サーバーが無反応」「ネットにつながらない」といったユーザー問い合わせに応えるのもインフラ系の社内SEの仕事です。

もちろん社内のネットワークやサーバーにログインするためにはアカウント管理も必要なので、その管理もおこなうこともあります。

情報関係機器のほとんどを管理することから、広い範囲の知識が必要で、またユーザーとの接点も多いためコミュニケーション力が育つ職種でもあります。

社内SEは仕事のコントロールがしやすい

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html
)によると、2019年のSEの平均残業時間は14.3時間となっています。

僕の感覚的には、上記の平均値はちょっとだけ少ない印象を持ちましたが、大きくかけ離れてはいないと思います。

仕事のコントロール:一般的なSEの場合

一般的なSEの場合、お客様からシステムの構築を請負います。

そのシステム構築によって予定の時期に予定どおりの収益を上げることが会社の業績に直結します。

このため、納期どおりに納品する事を死守する必要があり、納期に間に合わせるためだったり、もしプロジェクトに遅れが出たり仕様変更などが出てしまった場合など、納期間際にどうしても残業が膨大になるといわれています。

仕事のコントロール:社内SEの場合

一方、社内SE(システム系)の場合ですが、収益を生み出すのは営業部門や商品企画部門などであり、システムを構築すること自体では直接的に収益を生み出すわけではありません。

会社の商売の主体は業務部門なので、業務側の調整が不足していたり無茶な仕様変更があれば、それを理由にシステム構築の納期をリスケジュールするのもよくあることです。

また、情報システム部門は上記以外にも保守やヘルプデスク業務もあるので、その工数も考慮して余裕を持たせた納期設定にすることも調整次第で可能です。

もし、有無を言わさず別件に狩り出されてしまい当初の予定で作業が終わらないような場合も、同じ社内の事ですからその事情を汲んでもらい納期を調整することも比較的しやすい傾向にあります。

このように、社内SEの場合は仕事のコントロールがしやすい事から残業時間は少なめになり、仕事と家庭の両立・ワークライフバランスが良好なこと社内SEの特徴となっています。

社内SEも状況次第で残業が増える

もちろん、自社システム開発が遅延し納期も変えられないような場合や、何らかのシステムトラブルが起こり当日内に対策が必須となるケースなど、やむを得ず残業や休日出勤をする場合もあります。

どうしても・・・という場合は、社内SEでも力を注ぐ場面はあり、常にのほほん・・・とはいかないこともあります。

僕の会社では、休日出勤になってしまった場合は、後日 代休を取得するよう上司から促されるといった、しっかりした労働管理の職場も存在しています。

まとめ

まとめ

突発的な対応だったり、避けられない事情によって仕事量が増える場合はあるものの、昨今の残業規制なども手伝って、いまどきの社内SEは残業が少なめとなっていることが一般的です。

昔の名残りなのか残業することが美徳と思っているのか、毎日遅くまで残っている人・生活残業じゃないの?と思われるような人も中にはいますが、感心は出来ませんね。。

また、仕事のコントロールがしやすいことから、社内SEは残業を抑えられる可能性が高く、仕事と家庭の両立・ワークライフバランスを大切にしたい人には社内SEはオススメの職種だとおもいます!


まとめ記事!
社内SEをおすすめする理由
僕が社内SEをオススメする理由10選

社内SEという職種が気になっている皆さんは、この職種にどんなイメージを持っているでしょうか? 大きくは「一般企業の中で自社ビジネスのために自社システムの開発や運用をする仕事」という印象かと思います。 ...

続きを見る

以上

-社内SEのメリット

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.