社内SEのメリット

社内SEとして特有の知識・スキルが身に付く

学ぶ

社内SEは、一般のSEと比べれば深く突っ込んだ技能・技術を得にくい面があります。

その理由としては、社内SEは現行の自社システムで使っている従来からの技術を中心とした改修や機能アップを行う事が多いためです。

社内SEになると自身の技術レベルが伸びない・下がってしまうのでは・・・という不安を抱く人も居ると思いますが、確かにそれはあります。

ただ、社内SEの分野においてはまた違った技術・スキルがあるので、それに特化してゆくことも社内SEを目指す場合の1つの戦略になってくるかとおもいます。

社内SEはコミュニケーション能力も育つ

自社内の業務部門がお客である社内SEですが、自社のビジネスの向上を目指して活動をあする上では、業務部門と情報システム部門との間で良好な関係性は必ず必要になってきます。

僕は入社10年目あたりで、途中から本社の情報システム部門に移って、そこから本社側の業務部門との仕事を進めることになりました。

当初は、本社特有の慣習に不慣れだったり、本社の業務に関する知識が不足していたことから、相手からは「情報システム部員なのにそんなことも知らないの?」とか言われたり・・・最初の頃は苦労はしたものです。。

そこで、知らないことを学ぶために最初は物腰が柔らかそうな人を見つけて色々質問をさせてもらったり接点を持つようにして業務知識を蓄えてゆき、徐々に蓄えた業務知識を元に手強そうな業務部門の人とも話をするようになってゆき打ち解けられるようになってゆきました。

社内SEは調整力も養える

社内SEはシステムを作る作業と肩を並べるくらい、調整力も養うことができると思います。

たとえば、情報システム部門内がアプリ系とインフラ系で分業になっている場合、自分が何らかの新しい仕組みを作ることになった場合、今のサーバーの性能で事足りるか?不足ならどうすればいいか?など予め相談したりして協力を呼び掛けるといった場合もあります。

また、アプリ系の中でもそれぞれの分野で担当分けがあれば、自分の担当分野の生産管理系と、経理系・営業系の各システムで影響はないかなど事前に調整したり、影響がある場合はその回避策を一緒に考えてもらうなど、協力してもらう環境を整えることが必要な場合もあります。

業務部門に対する場合などでは、こちらの業務部門でこういう事を始めたいという場合に、別の業務部門との影響や関連性を考慮するため&情報システム部門で今後活動しやすくするために関係する部門を集めてレベル合わせの場を設けたり。。

そういった根回しによって自身の調整力を伸ばせたり、そういった事を通して徐々に社内における自身の存在感を増してゆくことも出来るとおもいます。

アプリケーション系・インフラ系の両方に強くなれる場合もある

もし、その会社が社内SEはアプリ系・インフラ系の両方をサポートする形の場合、あなたは社内においてマルチな分野がわかるスペシャリストとして評価されるかもしれません。

私の会社の場合、アプリ系とインフラ系が分業になっていて、さらにアプリ系担当とインフラ系担当で思わぬところで考えがズレていたりすると、あとでアプリの実装段階にきて苦労するような場面も見受けられたりすることがありました。

もちろん最初からアプリ系とインフラ系の人が綿密に連携できればいいのでしょうが、そもそも「綿密に連携すべきポイント」を想定できなければなりません。

そういった意味でもアプリ系とインフラ系の両方をある程度わかる人材はとても重宝される存在だと言えます。

逆に新しい技術導入は苦労が多いかも

もし、自社で新しい技術を取り入れた何かしらの取り組みをする場合、経営サイドがITに詳しくない・あまり興味を持っていない場合などは、そこそこ苦労する場面もあるかもしれません。

「なぜその新しい技術が必要なのか」「投資に対する効果・それによって儲かるのか」など明示して納得いただく必要があります。この辺りの説明方法なども社内SEのスキルを鍛えられる場面でしょう。

また、新しい業務スタイルを作った際、その定着に苦労するといった場面もあったりします。

そんな場合の操作質問など受ける時は決まって「今までの方法と違って面倒くさい」など言い出す人もいたりしますが、それをやる意味や理由を全社的な視点で繰り返し説明して納得いただくような話し方も、社内SEとして準備した知識や話をするスキルだったりもします。

まとめ

まとめ

ここまで書いてきた内容は、ほぼIT的なスキルのことは飛ばしてしまいました。

社内SEの場合、多くの場合 実際のコーディングはベンダーやPGに任せているし、それよりも企画だったり調整などの作業が多い場合があり、それに際してコミュニケーション力も身につける方が何かとやり易いという雰囲気は伝わったのではないでしょうか?

黙々と仕様書を作ったりコーディングをすることが好きな人には向かないかもしれませんが、そうでなければ色々な体験ができて自身の成長につながる社内SEも選択肢に考えてみるのもよいのではないでしょうか?

以上

まとめ記事!
社内SEをおすすめする理由
僕が社内SEをオススメする理由10選

社内SEという職種が気になっている皆さんは、この職種にどんなイメージを持っているでしょうか? 大きくは「一般企業の中で自社ビジネスのために自社システムの開発や運用をする仕事」という印象かと思います。 ...

続きを見る

-社内SEのメリット

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.