社内SEのメリット

社内SEは楽な仕事なのか?

仕事

世間的に「社内SEの仕事は楽だ」とよく言われますが、僕の経験からも自社システムの開発・維持・運用であれば、社内SEの仕事は楽だと言えます。

しばらく前の事ですが、僕は別会社さんのシステム開発の請負いをしたことがありました。

その時は、業態も違うその別会社さんに入り、経験したことのないシステムをいじり、とり交わした契約金額で約束の納期内でシステムを納品する・キッチリとした結果ドキュメント類も提示する・・・など、気疲れが絶えないことがありました。

それと比べれば自社システムの開発・維持・運用の楽さは言うまでもありません。

なぜ自社システムの開発だと楽なのか

自社システムの開発は楽だ・・・とう部分は、やはり外部の会社さんとの関係よりも「責任」の重さがちがうところだと言えます。

対外的なところでのちょっとした失敗は、クレームを入れられたり信用を失いかねないというプレッシャーが大きいものです。

それに対して、自社システムであれば多少の失敗であっても、うまく業務部門との関係を築いていれば「みんなでカバーしよう」という協力の意識に助けられることも少なくありません。

自社の業務プロセスの理解があれば恐れるに足りない

自社システムの開発の場合、社内SEとして業務プロセスをある程度理解していれば、システム化の大筋は予想できます。

また、業務部門でないとわからない細かい事であっても気軽に聞いて理解を深めればよい話です。

それに、自社システムの維持・運用面についても何事かトラブルが起こったとしても、落ち着いて・業務プロセスと照らし合わせながら分析すれば、おおよその障害ポイントはつかめることが多いです。

ある程度社内SEを続けていれば、いわゆる「勘どころ」がわかってくるので、そうなってくればますます「楽な状態」に持ってゆくことも難しくはありません。

自社のビジネスへの貢献を感じる

自社システムへの開発・維持・運用であれば、まさに自分の会社の商売に直接かかわる部分であり、その開発やシステム運用で自社の売上がアップしたり順調に推移すれば、社内SEとしても貢献のしがいが感じられます。

また、自社の売上アップによって間接的に自分の給料やボーナスへの反映も期待できます。

こういった自社のビジネスへの貢献を感じると、社内SEとしての仕事への向き合い方も向上したり・手がスムーズに動く・・・など良い面が感じられるとおもいます。

まとめ

まとめ

他社のシステム開発に携わる際に、大きく気を遣わなければならない事と比較すると、やはり自社のシステムの面倒をみる仕事は、簡単に言えば「やりやすい」ということに尽きると言えます。

その「やりやすい」の中身として、社内SEの手腕として、業務部門との良好な関係構築だったり、会社への貢献を感じられることなど、やり方・考え方などの工夫次第で「楽な仕事」「イージーな環境」に持って行けることも社内SEのよいところと言えます。

以上

まとめ記事!
社内SEをおすすめする理由
僕が社内SEをオススメする理由10選

社内SEという職種が気になっている皆さんは、この職種にどんなイメージを持っているでしょうか? 大きくは「一般企業の中で自社ビジネスのために自社システムの開発や運用をする仕事」という印象かと思います。 ...

続きを見る

-社内SEのメリット

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.