社内SEのメリット

社内SEは自社のシステムを扱うので愛着が湧きやすい

ハート

一般的なSEと異なり、社内SEが取り扱うのは自社のシステムになります。

自分がその企業の一員となり、自社のビジネスを成功させるためにITの面からサポートすることで、業績の向上に少しでも役立てたならば、それは嬉しいことだと感じますし もっと使いやすいシステムにしよう!といったモチベーションも生まれやすいと思います。

そういった改善だったり工夫を重ねてゆくと、多かれ少なかれ自社のシステムに愛着も沸いて来るものです。

自社のシステムを扱うので愛着が湧きやすい

僕の場合、以前のシステムから現在のシステムに切替えるという「システムリプレイスのプロジェクト」に入ったことで、1からシステム作りに携わって隅々までそのシステムを熟知した状態となりました。

・・・まあ、新システム立ち上げ時はそれなりの苦労は付きものですけど。。

そのシステム深くを知ると、その後のフォローなどはかなり自在に出来る状況となって、結果的に悩んだり困ったりすることが少なくなってストレス減ったことから、そのシステムには愛着が持てたという経験があります。

また、冒頭において様々な改善を重ねてゆく中でシステムに対する愛着が増えてゆくと書きましたが、自分の中でもその経験の中でシステムについて深く知ることができたり、色々な気付きも得られ自身のレベルアップにつながれば、成長を感じられるやりがいにもつながっていくと思います。

自社のビジネスに貢献できる喜びがある

いくら良いシステムを作っても、自社のビジネスが伸びなければ意味を成しません。

情報システム部門は、営業部門や製造部門など自社のビジネスの主要部門の話をよく聞いて、彼らがスムーズに活動できるようためのサポートをとおして自社ビジネスに貢献してゆきます。

IT企業と違って、社内SEは一般企業の中の一部門で働いているので、会社全体の業績が上がればそれに応じてボーナスが上がるといったところから、自分の頑張りが自社ビジネスへ貢献できるとい喜びにつながってゆきます。

システムを使いやすくすることでユーザーに喜んでもらえる

その時々によってユーザーが求めるシステムの使いやすさは変動してくるものです。

最初はコレでよかったけど、状況が変わってこうしないと業務効率が上がらない・使い勝手がよくない・・・そんな意見をいただくことがあります。

社内SEは、その改善をする事で効果が得られるのであれば、積極的に使い勝手向上の改善を対応します。

そういった改善に対して「この機能、とっても使いやすなってスゴくいいよ!」と言われれば、とても嬉しかったり誇らしい気持ちになり、また1つシステムへの愛着が増えてゆきます。

色々な改善に対するモチベーションが維持しやすい

システムで何らかのトラブルが起こってしまったら、社内SEであっても辛い場面に遭遇することは時々あります。

気持ち的にもヘコんだとしても解決して乗り越えれば、それはそれで1つの経験値として自分を向上させてくれますし、前述した自社ビジネスに貢献できている感覚やユーザーからの感謝の言葉などによって、社内SEはモチベーションを維持しやすいのかなと思います。

まとめ

まとめ

社内SEは一般企業の社員の1人であって、たまたま所属部署が情報システム部門になっていてシステムを扱っている職種です。

企業の中で、業務部門の社員も社内SEをしている社員も、最終的には自社の将来の発展や業績に見合った対価(給料やボーナス)を目指して頑張るという面は同じ目標に向かっています。

そんな目標に向かって、ITの面でサポートをする社内SEが提供できる自社システムやそれに対する改善など、愛着を持って取り組めばより良いアイディアの発想やモチベーションを維持しながらの活動が出来るのかなとおもいます。

以上

まとめ記事!
社内SEをおすすめする理由
僕が社内SEをオススメする理由10選

社内SEという職種が気になっている皆さんは、この職種にどんなイメージを持っているでしょうか? 大きくは「一般企業の中で自社ビジネスのために自社システムの開発や運用をする仕事」という印象かと思います。 ...

続きを見る

-社内SEのメリット

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.