社内SE転職のお悩み

客先常駐エンジニアから社内SEになる選択

客先常駐エンジニアから社内SEになる選択

「いま客先常駐のエンジニアだけど、先の先の将来ってどうなるんだろう。。ずっと技術職でやっていけるかな?。。」

客先常駐エンジニアの方々は、多種多様な仕事を経験し、身に付けたスキルを武器に活躍しているところが非常にカッコいいと憧れます。

僕も20才若ければ一度はやって経験してみたい職業の1つです!

20代~30代って体力もあって知識を吸収する能力も抜群ですよね。

もう一回人生をやるなら「武者修行」じゃないですけどIT企業のエンジニアに憧れたりします。

ただ、ある程度の年齢になって振り返ると、自分の人生「仕事:8割、家庭:2割」くらいの、非常に偏った割合になっていたことを今更ながら後悔しているのも事実なのです。。

さて、僕の会社も客先常駐エンジニアさんはたくさんいます。

予算的な切り替え時期があり、常駐のエンジニアさんの一部常駐解約の話があり、併せて経費節減とやらで長くいたエンジニアさんも切られてしまう可能性が高くなっています。

・・・顧客側企業って勝手だなぁ、、と、自分の会社ながら思ってしまいます。。

そんな状況を見ていて、もし「あなた」が客先常駐エンジニアをやっていて、これから自分時間も大切にしながらも、その技術や経験を長く・安定的に生かすことを考えた場合、社内SEを目指すのも一つの選択肢ではないかと思いこの記事にしています。

自社の情報システム部門の社員・社内SEとなれば、家庭の面で何かと融通が利きやすく時間も取りやすい・・・その一方で長く働きやすい環境に身をおける可能性があるからです。

仕事の面でも社内SEとしてエンジニアを指揮する立場となれば、遠慮もなく自由度が上がります。

そういった観点で客先常駐エンジニアのメリット・デメリットを分析し、将来のキャリアチェンジを考える元となればと思います。

客先常駐のエンジニアとは

僕の会社でのパターンの一例ですが、ITベンダーの正社員として入社し、そこから派遣される形で常駐エンジニアとなり開発・保守運用にご協力いただいている環境になります。

システムの保守運用の仕事だと、長期にわたって顧客企業に常駐する場合が多いです。

また、システム開発だと、その開発プロジェクトの期間だけ常駐することになります。

客先常駐エンジニアのメリット

多様な仕事が経験可能

まず短期で顧客企業を渡り歩く常駐エンジニアについて。

多種の企業や案件に携われるので、その分の技術や経験を積み上げる事ができます。

また、色々な企業の業務知識をしれたり、人間関係や人脈なども築けるメリットもあります。

次に、中長期で顧客企業に常駐するエンジニアについて。

中長期の常駐エンジニアは主に保守運用系の仕事が多いです。

一定の場所に勤務するので異動の負担が少なく、落ち着いて働けます。

保守運用するシステムへの知識も深くなり慣れ親しむので、作業的に楽になります。

残業が少ない

常駐エンジニアは、基本的に顧客企業の社内SEの管理下で仕事を行います。

つまり、社内SEが在席している間であれば作業できる環境となっています。

例として何らかのトラブルが起こったとします。

常駐エンジニアの作業で技術的な部分のトラブルを解決できたら、まずは常駐エンジニアはそこで解放され、後始末は顧客企業側の社内SEがおこなうようなパターンになります。

常駐エンジニアは時間で費用を支払う体系が一般的です。

よって、トラブル対策の全工程に付き合わせるとコストを掛けることになってしまいます。

このため、例のように顧客企業の社内SEと比べれば残業は少なくなります。

引き抜かれることもある

僕の会社でも元常駐エンジニアで社員登用された例があります。

しかしそういったケースは非常に少ない傾向です。

よほど「人間性が評価されている」「高い意識を持っている」「普段の振る舞いが顧客企業に好まれる」といった場合に、まれに社員登用に至ることがあります。

実態はわからないですが、常駐元と顧客企業で「引き抜きはしない」といった紳士協定がある場合は実現性は低そうです。。

客先常駐のデメリット

仕事の自由度が限られる

客先での仕事は、顧客企業の社内SEが主導権を取ります。

仕事の目的が共有され、一定の手順や工程・仕様を渡され、それに沿って作業をすることになります。

悪く言えば言われたとおりに作業するしかないわけです。

仕事に主体性が持てず、やりがいも限られるといえます。

評価・給料が上がりずらい

客先常駐エンジニアは自社の外で働くため、自分の会社からの評価が上がりずらかったり評価が不透明だったりします。

マネージャー職のメンバーが同じ常駐先にいる場合は仕事ぶりを見てくれる場合もありますが、そのマネージャー職自身も開発作業を行っていて忙しい場合もあり部下の詳細を見られない可能性もあります。

本来エンジニアは技量によって評価されるところ、単に自社に「いくらお金を持ってこられるか?」という成果金額での評価になるケースも。

また、昇給させるためには営業経由で顧客企業への単価アップを交渉しなければならないし、顧客企業では単価アップは嫌うしでなかなか難しい面があります。

休みが取りずらい

休むためには顧客企業に了解を得なくてはなりません。

しかし顧客企業側の都合や状況、特に運用保守の仕事では随時で問い合わせが起こりえるので、なかなか気軽には言い出しづらい雰囲気になります。

スキルアップが叶わない場合がある

ある程度経験のあるアンジニアの場合、上流工程の仕事を任される場合もあります。

一方で若手の場合、スキルアップを望んでいても、それにつながらない仕事を与えられる場合もあります。

これについては常駐先の顧客企業によってアタリ・ハズレが出てしまうので、できればアサインされる段階で希望を言ってみるしかなさそうですね。

スキルが無いと常駐を解除される

経験が少ない人が顧客企業に常駐させられた場合、期待されるパフォーマンスに至らないと常駐を解除させられてしまうケースがあります。

顧客側や自分の会社のメンバーから教育やサポートを受けられる場合、少し成長出来るまで様子を見てもらえる場合もありますが、成長度合いが乏しいと顧客企業から「人を替えてくれ」と言われてしまいます。

高年齢になると仕事がまわってこない

年齢を重ね最新技術を兼ね備えていないエンジニアの場合、仕事のお声が掛からなくなってしまう場合があります。

また、若手より単価が高い傾向もあるので、顧客企業から敬遠されることも。

求める側も若くて技術があり低単価のエンジニアを探している傾向が多いためです。

客先常駐が不安なら社内SEへの転職を模索してみては?

まとめ

多様な仕事を経験し自身にある程度スキルがついたとします。

この先も次々と顧客企業に常駐しさらなる経験を積むのも良いでしょう。

でも、もうちょっとだけ先の未来を想像してみませんか?

あなたが結婚し家庭を持ち子供も授かったとしましょう。

常駐先が次々変わり通勤も不安定で家庭時間が短くなるかもしれません。

家族のために時間を裂きたいのに常駐先の都合でそれが出来ないかもしれません。

50代になったエンジニアにお声が掛からなくなることもありえます。

せっかくエンジニアのスキルを身につけ、さまざまな業務に接して経験を積んできたんです。

その技術や経験を長く・安定的に生かすために、社内SEを目指すのも一つの選択肢だと思うんです。

社内SEは一般企業の社員として情報システム部門で勤務します。

自社の社員ですから家庭の面で何かあったときも融通が利きやすいですし、家族の時間も取りやすい中で長く働きやすい環境に身をおく事ができます。

また、自社のシステムを企画・設計し常駐エンジニアを指揮する立場ですから、仕事の面で遠慮もなく自由度がありますね。

そういった社内SEのメリットを享受するために、すぐさま転職といかないにしても日頃からリサーチしておくことをおススメします!

チェックしておけば、後で損しないと思います!

以上

-社内SE転職のお悩み

Copyright© ホワイト社内SEになってみる? , 2020 All Rights Reserved.